Z230 Workstation ( Xeon E3-1270 v3 ) サポートブラケットの取り外しにコツがある!?

グラフィックスカードを固定するサポートブラケットの取り外しに苦戦した

 HP Z230 Workstationのタワータイプは、拡張カードをサポートブラケットというパーツでまとめて固定する方法をとっています。
 このパーツが外れなくて泣きそうになったので、正しい手順では無いけどコツみたいなのを書いておきます。

 この手順を参考に作業した結果、パーツが破損したり怪我をしたり損害が発生した場合でも責任は持てませんので、実行する場合は自己責任でお願いします。

 コツは、「拡張カードのネジ部分を押さえているレバーを上に引きながら、サポートブラケットのレバーを引いて、ブラケットを手前から上に持ち上げるようにひねりながら引く」です。

この部品が外れなくて泣きそうになった&指が痛くなった…

メーカー公式ページに取り外し方は掲載されていたけど…

 メーカー公式ページに手順が書いてあったのですが、リンク切れになってしまいました……

拡張スロットを空にした状態で付けてみました。

 拡張カードの押さえ金具にある溝にサポートブラケットの下側のアゴ部分がハマって押さえつけるようになっています。
 拡張カードのネジ部分を押さえているレバーを上に持ちあげて溝の角度に変化を付けて隙間を作って取り外すイメージです。

緑のレバーと押さえ金具が連動しています。これを上に持ち上げる感じで隙間を作ってブラケットを外す感じ。

参考程度に

Xeon E3-1271 v3 HP Z230 Workstation
同梱されていたキーボード・マウス・電源ケーブル
正面から
グラフィックボードのコネクタ DVIが1個とDisplayPortが2個
このレバーを軽く引くだけで側面パネルが外れます。楽ちん。
パネルの裏面に、マザーボード上のパーツの配置を書いてありました。
2スロットのグラフィックボードだと、 PCI Express x1が使えなくなりますね。
CINEBENCH R15の値です。

コメント