Xeon E3-1270 v3 というCPUのパソコンで vTuber が作れるの? Core i5 4950 と比較をしてみました。

3teneや Face Rig (Luppetも同じくらいだと思います)の動作環境の推奨は、CPUが Core i5 4590 以上ということがわかりました。

 3tene や Luppet の動作環境の推奨は、CPUが Core i5 4590 以上ということがわかりました。
 それ以上のスペックのパソコンがあれば vTuber が作れそうです。

 いろいろ検索していたら、Xeon E3-1270 v3 というCPUが搭載されているワークステーションの中古品が比較的安価に販売されているのに気が付きました。
 これは使えるのかな?と思って、カタログスペックですが Core i5 4590 や Core i7 4790 と比較してみようとまとめてみました。 (結論を書くと、十分に使えるCPU性能です)

スペック比較

CPUCore i5 4590 Core i7 4790Xeon E3-1270 v3
世代 第4世代 第4世代第4世代
開発コード名 Haswell Haswell Haswell
コア数444
スレッド数488
ベースクロック3.30 GHz 3.60 GHz3.50 GHz
ブーストクロック3.70 GHz 4.00 Ghz3.90 Ghz
対応メモリDDR3-1600 DDR3-1600DDR3-1600
内蔵GPUIntel HD 4600 Intel HD 4600なし
TDP84W 84W80W
ソケットLGA 1150 LGA 1150LGA 1150
CINEBENCH 15 Single144145153
CINEBENCH 15 Multi505728742

ベンチマークの値は、 cpu-monkey さまから引用させていただきました。
Intel Core i7-4790 vs. Intel Core i5-4590
Intel Core i5-4590 vs. Intel Xeon E3-1270 v3

Xeon E3-1270 v3 のメリット・デメリット

  • メリット
    • 4コア8スレッドと、第4世代 Core i7 以上のCPU性能がある。 3teneやLuppetに十分使えそう。
    • CPUソケットが LGA 1150 なので、CPUクーラーの選択肢は多そう。
  • デメリット
    • 内蔵GPUが無いので、グラフィックボードが必須。
      • vTuber向けのソフトを使う場合は、あまり問題にならないと思います。
    • 内蔵GPUが無いので、QSVエンコードが使えない。
      • NVENCやVCEの機能が付いている グラフィックボードを使えば、あまり問題にならないと思います。

コメント