可愛いアバターがいっぱいあって、どれかひとつなんて選べない

 3tene や Luppet で使う自分好みのアバターを探していくお話です。
 アバターを自分で創り出すアプリケーションもあったりしますが、今回は手っ取り早くすぐに使えるアバターを配布しているニコニ立体とBOOTHをチェックしてみることにします。

VRMというフォーマット

 3tene や Luppetで使えるアバターのは  VRM という規格の3Dモデルデータになります。

「自分の」アバター(3Dモデルデータ)を「VRM」で取り扱うことで、いろいろなVRM対応アプリケーションやゲームで相互に行き来できるようになります。

「VRM」って何?どんなことができる?

 VRMのモデルデータがあればいろんなアプリケーションで使えるようになるよ!ということだと思うのですが、今回は 3tene や Luppet で使えればいいだけなので、あまり難しいことは考えないようにしようと思います。

YouTubeで使うアバターを選ぶ 3つのポイント

 YouTubeでの収益化を狙っているので、トラブルを避けるために、以下の3点に注意してアバターを探すことにしました。

  • 二次創作系のような、アバター製作者以外に著作権者がいるモデルは避ける。
  • 作者が違うアバターからのパーツ流用があると明示しているモデルは避ける。
  • 明示的に収益化や商用利用が許可されているアバターを選ぶ。

 使い始めてしばらくしてから権利関係で揉め事が起きたり、YouTubeのチャンネルが著作権侵害で凍結されたるするのは避けたいですよね。

アバターの配布先

ニコニ立体

  ニコニ立体: 株式会社ドワンゴが運営するサービスです。アカウントの取得が必要です。

検索条件

 作品一覧から 「▼フルスクラッチ作品 ▼VRM ▼DL数の多い順」 で検索した中から探していきます。

▼フルスクラッチ作品 ▼VRM ▼DL数の多い順 で検索

 可愛いアバターが沢山並んでいますが、どれか選んで表示すると、データ配布という項目があります。(例は「痛風源 ぷりん」さんのものです)
 データ配布の条件に、「商用利用 可能」の表記があるアバターだと安心できそうです。

商用利用のステータスが 可能 になっていると安心です。

 チェックしていて、モデルデータのダウンロードボタンが無い作品があるのに気がついたのですが、バーチャルキャスト連携でのみの配布なんだと思います。

BOOTH

 BOOTHピクシブ株式会社 が運営している物販サイトです。 アカウントの取得が必要です。

 無償(0円)のアバターありますが、有償のアバターの方が多数です。
 どちらかというと、FBXという形式のVRChat向けのアバターの方が沢山あります。
 FBXからVRMに変換できる仕組みも存在するのですが、今回はそのまま使えそうなVRM形式のアバターを探します。

検索条件

 カテゴリ:素材データ, サブカテゴリ:3Dモデル, 検索ワード:VRM 商用
 この条件で検索すると、VRMの形式で商用についての可否が記載されているであろうアバターの一覧が表示されます。

カテゴリ:素材データ, サブカテゴリ:3Dモデル, 検索ワード:VRM 商用

お気に入りのアバターのページを開き、利用規約を良く読んで商用利用が許可されているものを探していきます。

最後に

 配布条件には必ず目を通して、できるだけトラブルが起きないようにしようと思います。

 可愛いアバターが沢山あって、どの子を選んでも遜色無いと思います。
 無償で配布していただいている子の中から何人か選ばせてもらって、実際に動かして様子を見てみようかなと思います。

コメント