OBSのマルチ音声トラック録画と、ゆかりネットコネクターのAviUtl字幕出力を組み合わせて動画を作ってみました。

合成音声で動画を作る時は、音声のタイミングを調整してからYouTubeにアップしたほうが良いんじゃないかなと調べてみたら「マルチトラック」という方法で録画したらできそうだとわかりました。

OBSでマルチトラック録画

マルチトラックについて

 イメージ的には、一度の録画で作るひとつの動画ファイルの中に、映像と複数の音声を詰め込むような方法です。

マルチトラックのイメージです。

こうしておけば、動画部分とゲームの音楽や音声を同時に分けて録音できるので、後で調整して編集をすることもできます。

OBSの設定の前に、Cevioの音声出力先を変更

 OBSの設定の前に、経路がわかりやすいのと、スピーカーから出た音声をマイクが拾わないように、Cevioの音声出力を【SPDIF Out】に設定しました。

OBSの設定

オーディオの詳細プロパティ

音声ミキサー オーディオの詳細プロパティ メニューを選択

 音声ミキサーの歯車部分でマウスの右クリックで、オーディオの詳細プロパティを選択。

オーディオの詳細プロパティ
  • MonsterX3A : ゲームキャプチャの音声です。 トラック 1, 2 にチェックを入れます。
  • デスクトップ音声: 合成音声の出力です。   トラック 1, 3 にチェックを入れます。

 こうすることで、

  • トラック1: ゲームの音声と合成音声が合成された音声
  • トラック2: ゲームの音声 のみ
  • トラック3: 合成音声 のみ

 というふうに音声を分けて記録することができます。

設定 – 音声 – デバイス

設定 → 音声 を選び デバイス を設定します。

デスクトップ音声に SPDIF Out (Cevioで出力に設定したもの)を指定して、残りは全部無効にしました。

設定 – 出力 – 出力モード

設定 → 出力 を選択し 出力モード を基本から詳細に変更します。

 設定 → 出力 を選択し 出力モード を基本から詳細に変更します。

設定 – 出力 – 配信

配信は、ゲーム音楽と合成音声がミックスされた トラック
1を使う設定にしました。

設定 – 出力 – 録画

設定 → 出力 の 録画 を設定します。

 動画フォーマットは mkv に設定します。
 マルチトラックで録画する場合、フォーマットは mkv が無難だと思います。
 音声トラックは、 1, 2, 3 にチェックを入れます。

  オーディオの詳細プロパティで設定したトラックで音声が記録されます。

録画する

この記事の設定を流用して、字幕を非表示にして録画しました。

 字幕はAviUtlで入れる予定なので、OBSの字幕は非表示にして録画しました。

録画後の編集作業

字幕用データを、ゆかりネットコネクターから出力する

 録画後に、ゆかりネットコネクター の AviUtl字幕出力で exo ファイルを作成しました。
 字幕データをAviUtlで読み込んで編集できるすぐれものです。

ffmpeg を使って音声トラックを分離

録画したmkvファイルから ffmpeg を使って動画と音声トラック3つを分離します。

ひとつのmkvファイルから動画x1,音声x3のファイルができます。
  • Layer01: 動画ファイル(音声なし)
  • Layer02: ゲームの音声と合成音声が合成された音声
  • Layer03: ゲームの音声 のみ
  • Layer04: 合成音声 のみ

ffmpeg について

 画像や動画や音声ファイルを扱うのなら、使い方を知っておいて損はないツールだと思います。
 Windows 10で動作するexeファイルは、こちらからダウンロードできます。

set INPUT=%~f1
set OUTPUT=%~n1
%~d0
cd %~d0%~p0
ffmpeg.exe -i "%INPUT%" -map 0:0 -vcodec copy "%OUTPUT%_Layer01.mp4" -map 0:1 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_Layer02.m4a" -map 0:2 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_Layer03.m4a" -map 0:3 -vn -acodec copy "%OUTPUT%_Layer04.m4a"
pause

 こんな感じのbatファイルを作って分離しました。

AviUtlで編集

これらのファイルを AviUtlに読み込んで編集すると、こんな感じになります。

 ゲームと合成音声がミックスされたLayer2を使わず、合成音声のタイミングを調整して字幕と合わせた動画がこちらになります。

OBSのマルチトラック録画と、ゆかりネットコネクターのAviUtl字幕出力を組み合わせて動画を作ってみました。
字幕に手をほとんど入れてないので、単語の終わりの。が目立ちます。

終わりに

 音声を分けて録画しておけば、後々有効活用できそうだと思って実験してみました。
 AviUtlのexoファイルは、テキストエディタで中を見ることができるので、ツールを作って加工すればもっと使いやすくなるかなと思ったりしています。

コメント