ゆかりねっとコネクター NEO v2.0と OBS 28以降に標準で入ってる obs-websocket5 の組み合わせで字幕を出すよ

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

OBS WebSocketの設定部分を抜粋して説明してるよ。

YouTubeに投稿したゆかりねっとコネクタNEOのOBS連携プラグインと連動するOBSのWebSocket Serverを取り扱った動画のフォローアップ記事になるよ。

この埋め込み動画は、OBS WebSocketの設定の部分までスキップする設定にしてるよ。

OBS 28以降には obs-websocketが標準で入ってるよ

obs28.0.1のツールーバーを見たら、obs-websocketが表示されてるよ

obs-websocket設定を選んで設定するよ。

  • websocketサーバーを有効にするにチェック
  • サーバーポートは、4445のままでいいと思うよ。
  • 認証を有効にするにチェック
  • パスワードを生成ボタンを押すとサーバーパスワードが自動的に生成されるよ。

自動生成されたパスワードは、接続情報を表示ボタンを押すと確認用のウィンドが出てくるよ。

※あまりおすすめはしないけど、認証を有効にするのチェックを外したら、パスワードは不要になるよ。

コピーボタンでクリップボードに記憶されるから、CTRL+Cやペーストで貼り付けるよ。

ゆかりねっとコネクターNEOのOBS連携プラグインと連動させるよ

OBSのバージョン28から標準で入ってる obs-websocketのバージョンは5になってるから、ゆかりねっとコネクターNEOのOBS連携プラグインもOBS WebSocket5 連携を使うよ。

OBS WebSocket5 連携にチェックを入れて、設定ボタンを押すよ。

パスワード Passwordの欄に、OBSのWebSocket接続情報でコピーしたサーバーパスワードを貼り付けるよ。

OBSに接続ボタンを押して、接続しました(Connected)って表示されたら成功やよ。

コメント