LED シーリングライトで、お部屋だけVR Readyになりました。

 HTC VIVE を使ったフルトラッキングでは、ある程度の広さの部屋が必要になるということで、部屋を片付けていました。そこで問題になったのが照明。
  部屋には古いペンダント(天井から吊ってる)タイプの蛍光灯が付いていたのですが、腕を振り上げて当たったら困るし、照明のON/OFFのための紐も邪魔な感じ。

こんな感じの蛍光灯が付いてた。

 そこで、蛍光灯を アイリスオーヤマのCL-12D5.0というLED シーリングライトに交換しました。

結果、部屋を広く感じられて、リモコンでON/OFFできて、明るさも変えられるので、とても快適になりました。

 (スポンサーリンク)

 これにした理由は、昼光色(6500K)という白色に近い色なのと、12畳用なのですが送料込み\5,000円でお釣りがくるお値段、要は安かったので…。
 部屋の広さは12畳も無いのですが、部屋の中でYouTube向けの動画を撮影するようになったら照明の補助になるかと思って大きいのにしました。

普段使う時の光量は一番暗い設定にしていて十分な明るさです。

交換作業は、足場に注意すれば基本ひねるだけ

 交換作業は、付いていた蛍光灯のコンセント部分をひねって外して、LEDシーリングライトのメイン部分をつけてカバーを付けるだけでした。

今の部屋についていたのは、角型引っ掛けシーリングというタイプでした。

 天井の照明用コンセントの形状によっては付かないものもあるので注意が必要です。
 練習がてら今付いている照明を外して、形状やサイズを確認してみるのも良いかも知れません。

 付ける時のコツとしては、シーリングライトに端子の位置を示すマークが付いているのですが、取り付ける前のポジションは思ったよりも大きくひねった状態からのスタートになります。

 天井までは高さがあるので、交換作業するときはしっかりした足場を確保しないと危険ですのでご注意ください。
 あとは、壁にメインスイッチがある場合は、交換前にOFFにしておくのが良いと思います。

かなり部屋を片付けて、少しだけれど VR用のスペースを確保したのですが…

 パソコンのスペックは足りてないし、何よりHTC VIVEを持っていないというオチが…🤣 

 

コメント